酸素の運び屋『スクワレン』

スクワレンは、サメ類の肝油から生成される不飽和脂肪酸の一種です。
不飽和脂肪酸とは、さまざまな働きを示す、ヒトの体に必要な脂肪酸なのです。

スクワレンは、深海鮫が過酷な環境で生き抜くために、体重の25%もある巨大な肝臓に作り出した成分だと考えられています。
その効果は、体に取り入れることで、体内にある水を還元して水素を取り込み、酸素を発生させる性質があります。

体内での酸素の巡りを良くする働きを持ち、『酸素の運び屋』とも呼ばれます。

『スクワレン』と『スクワラン』の違いは?

スクワレンは、主にサプリメントに配合され、非常に酸化しやすい特性を持っております。
スクワランは、スクワレンに水素を加えて生成された成分で、割りと安定している性質であるため、外用の化粧品に使用されることが多いです。
スクワランはスクワレンの持つ浸透性の高さや保潤効果はそのままでありながら、空中で酸化することがない優れた性質を持ちます。

スクワレンに期待される効果

●血液を浄化する効果
スクワレンは血中の過剰な水素イオンを血液から取り除くことができるため、血液中の水素イオンを減少させることができるとされています。
水素イオンの減少によって血液が浄化され、血流の改善につながる可能性が示されています。

●美肌効果
スクワレンを摂取することにより、美肌に対する効果が期待されています。
スクワレンの作用によって新陳代謝が活性化されると、ターンオーバーが活性化され、美肌につながると言われています。

●新陳代謝の活性化
新陳代謝が正常に行われることで、人間は健康を維持できますが、酸素が不足するとそれが正常に行うことができません。
スクワレンがっ持つ、酸素の巡りを良くする働きによって細胞の酸素不足の状態を改善させ、新陳代謝を活発にする効果があります。

●免疫力向上
免疫機能は、免疫細胞の働きによって細菌やウイルスと戦っています。スクワレンには、それらの免疫細胞の働きを活性化する作用があるため、免疫機能を工場させることができると考えられています。

●肝機能障害の改善
スクワレンの酸素の巡りを良くする作用は、各臓器の機能を高める効果にもつながり、特に肝細胞に豊富な酸素が供給されることによって、肝臓の活動が活性化し、肝機能の回復や強化を図ることができます。

一日推奨摂取量

実際の摂取目安量はサプリメントを開発しているメーカーなどによって異なりますが、成人の場合、一日約1000~2500mgがおおよその目安となっています。
若いうちは1000mg程度で充分ですが、スクワレンの体内生産量は加齢とともに徐々に減少するので、年齢とともに摂取量を増やしていくとよいでしょう。

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄