伝統医学アーユルヴェーダでも使用
生活習慣病の強い味方『サラシア』


サラシアは、インドやスリランカなど雨の多い亜熱帯の森林に自生し、これまでに約120種類以上が見つかっています。
その中でも天然薬効成分があるものとして注目されているのは、サラシアレティキュレータ、サラシアオブロンガ、サラシアキネンシスなどがあります。

サラシア属を総称して『サラシア』と呼んでいますが、現在国内では『サラシア』という名称以外にも『サラシノール』、『コタラヒムブツ』などと呼ばれることがあります。

サラシアは、昔から糖尿病に効く薬草として用いられてきましたが、実際に最近の研究でサラシアにサラシノールという血糖値の上昇を防ぐ成分が見つかったのです。

サラシアに期待される効果

●糖尿病を予防する効果
サラシアは、糖分を分解する酵素の働きを阻害して、食品の中にある余分な糖分が体の中に吸収されないようにします。


●脂肪燃焼を促す効果
サラシアは、腸で脂肪代謝酵素を阻害し、脂肪の吸収を抑える働きがあります。体内の脂肪細胞に溜まっている脂肪の分解を促す働きも報告されています。


●美肌効
サラシアを摂取することで腸内環境が悪い原因となる悪玉菌を減らして便通を整え、肌トラブル改善につながります。腸内環境の改善とともに、サラシア自体の抗酸化作用で美肌効果が期待されます。

1日推奨摂取量

1日に240mgの摂取で、研究結果では有用なデータが出ています。

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄