血糖値の上昇抑制が
期待される『桑の葉』


桑は、日本や中国だけでなく世界中に自生しているクワ科の落葉樹です。
野生の桑は幹も太く、強い生命力を持ち、切り落とされた幹からも新しい葉が次々に生えてきます。

中国では昔から、桑の葉だけではなく、桑の枝や根の皮、桑の実なども漢方薬として古くから使われてきました。

桑の葉には、カルシウムがキャベツの約60倍、鉄分が小松菜の約15倍、総カロテン量がほうれん草の約10倍と豊富な栄養素が含まれています。
また、GABAも含まれているので、血圧降下作用なども期待できます。

近年では、ブドウ糖の類似物質であるDNJ(デオキシノジリマイシン)が含まれていることが発見され、食後の血糖値の上昇抑制効果に期待されています。

桑の葉に期待される効果

●便秘解消

●精神を安定させる効果

●新陳代謝向上

●血流改善効果

●糖尿病の予防や改善

●ダイエット効果

1日推奨摂取量

特に摂取目安量などは設けられていませんので、各メーカーの推奨量をご確認ください。

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄