コラーゲン同士のつなぎ役
肌を内側から支えるエラスチン

エラスチンはコラーゲンとほとんど一緒に、皮膚の真皮、腱、靭帯、血管壁等などに存在する、弾力性のある繊維状たんぱく質です。
牛スジ肉、手羽先、軟骨、煮魚などに多く含まれています。


肌の真皮はコラーゲンが約70%と最も多く、エラスチンは2%前後にしかすぎませんが、エラスチンがコラーゲンを支えているため、皮膚の弾力性を維持することができています。


エラスチンはコラーゲン、ヒアルロン酸とともに皮膚の真皮にある線維芽細胞により作られています。線維芽細胞は新しい組織を作るとともに、古くなったものを分解して、組織の新陳代謝を行っています


体内のエラスチンの量は25歳頃をピークに減少し、40歳代を過ぎると急激に減少スピードが速まります。また、外敵ストレスなどが原因によっても、エラスチンは減少すると言われています。エラスチンは一度壊れてしまうとうまく再生するとは限らないため、日々のケアが大切なのです。

エラスチンに期待される効果

●肌の弾力やハリを保つ
エラスチンは、皮膚の真皮と呼ばれる部分にコラーゲンとともに存在し、肌にハリや弾力を与える役割をしています。
真皮のエラスチン繊維とコラーゲン繊維による網目状の構造がしっかりとしていることと、その間を埋めているヒアルロン酸が十分な水分を保持していることによって、肌のハリや弾力が保たれます。


●動脈硬化の予防
エラスチンは心臓や全身の血管に存在し、弾力を与える役割をしています。活性酸素や加齢によってエラスチンが減少してしまうと、血管の柔軟性が失われるため、動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの疾病にかかりやすくなると考えられています。
そのためエラスチンには、動脈硬化などの疾病の予防につながる働きがあるといわれています。


●靭帯の伸縮を維持させる
エラスチンやコラーゲンが弾力性に富んでいるため、靭帯も伸縮性を保っているのです。

1日推奨摂取量

特に設定されておりませんが、100mg~200mgくらいを目途にすると良いでしょう。

エラスチンは睡眠中に生成されるため、摂取する時間は就寝前が効果的だといわれています。
いわゆるシンデレラタイムの夜10時~深夜2時の時間帯は美容、健康のために寝ることが重要です。

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄