トクホとしても注目された
コーヒー豆などに含まれる『クロロゲン酸』

クロロゲン酸は、主にコーヒー豆やじゃがいもなどに含まれるポリフェノールの一種です。
特にコーヒー豆にはクロロゲン酸が豊富に含まれており、コーヒーの健康成分であるカフェインと並んで注目されています。

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、抗酸化作用が強いことで知られています。
傷や紫外線にさらされると、活性酸素が生じることによって組織が傷ついてしまいます。油や鉄が酸素にさらされて、酸化する・サビつくというような現象です。
クロロゲン酸が持つ抗酸化作用によって、植物はこのようなダメージから身を守ることができるのです。

近年、クロロゲン酸は脂肪の蓄積を抑える働きに注目が集まっており、ダイエット時のサポート食品素材などとして利用されています。

クロロゲン酸に期待される効果

●糖尿病を予防する効果

●脂肪肝を予防する効果

●ダイエットサポート

1日推奨摂取量

1日当たり、クロロゲン酸類として270mg~摂取することが望ましいでしょう。

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄