唐辛子などに含まれる
辛み成分『カプサイシン』


カプサイシンとは、トウガラシの辛み成分の一種です。
殺菌や食欲増進などの作用があり、摂取すると中枢神経を刺激して副腎皮質からアドレナリンを活発に分泌させる作用があります。
また、毛細血管の血行が良くなり、発汗作用や脂肪分解効果が期待できます。

ダイエットに多く活用されているカプサイシンですが、脂肪を分解する効果は期待できますが、脂肪を燃焼する効果はありません。
その為、ダイエットにカプサイシンを活用する場合には、運動と組み合わせることが必須となります。

カプサイシンはにんにくと一緒に摂取することで新陳代謝を高める効果が高くなります。
またイソフラボンと一緒に摂ることで発毛につながるともいわれます。

唐辛子にはビタミンCも含まれており疲労回復にも効果的です。

しかし、カプサイシンは皮膚への強い刺激があります。
唐辛子の大量摂取などは、胃腸への刺激が起こり、胃が荒れたり、腸内環境を悪化させる要因にもなりますので、摂取量には注意しましょう。

カプサイシンに期待される効果

●生活習慣病の予防

●血流改善効果

●高血圧予防効果

●コレステロール値上昇抑制

●食欲増進効果

●疲労回復

●便秘解消

●冷え症改善効果

1日推奨摂取量

1日の摂取量の目安は6mgです。カプサイシンには致死量が設定されており、体重1㎏あたり約60mgと言われています。過剰摂取は生命の危険に関わることがありますので、適量を摂取することを心がけましょう。

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄