朝食を抜く人、血糖値上昇に注意

2018年09月07日

現代人は、多くの方が仕事や家事で忙しい毎日を送っています。
そのため、朝食を食べずにお昼まで空腹でいるという方も少なくないようです。

しかし、最近の研究でそれが影響して昼食や夕食後の血糖値が上昇しやすくなるというデータが出たのです。
その研究では、糖尿病の患者を対象に行っており、朝食を摂る群と摂らない群に分けて、昼食・夕食後の血糖値の数値を調べました。

すると、朝食を摂ったほうの群が血糖値の上昇を25%以上も抑えることができたのです。

朝食を抜くことは健康的ではありません。
特に、糖尿病患者の方は血糖値の上昇が悪影響を及ぼすことはご周知の通りです。

その他、朝食を抜くことがβ細胞の機能に大きなダメージを与える可能性があることがわかっています。
たとえ昼食と夕食で食べ過ぎなかったとしても、朝食を抜いてしまうと高血糖になりやすくなるのです。

忙しくても"朝食を抜かない"という食事スタイルを是非行ってください。

糖尿病患者の方や、糖尿病予備軍の方は特にオススメします。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄