肥満は脳を早く老化させる

2018年09月06日

皆さんは、脳年齢という言葉を耳にしたことはないでしょうか。
脳年齢とは、肉体年齢という言葉があるように、脳の瞬発力などを計測し判定するものです。

人は、年齢とともに体力が低下してきますが、それだけでなく脳なども老いていくことが知られています。
若い人でも、脳を使っていないと脳年齢はどんどん老いていくといわれています。

また、それだけでなく最近の研究によって、肥満が脳の老化を早めている可能性が分かってきたのです。

脳が老化すると、脳の白質という神経細胞が減っていきます。
そうすると、脳内での情報を伝達するスピードが落ちてしまうとともに、物忘れが増えてきます。

イギリスの大学の研究では、肥満や過体重が脳の白質にどのように影響が出ているかを調べました。
その結果、肥満や過体重の方の脳では、痩せている方に比べて白質の測定値が低いことを突き止めました。

研究では、40歳の肥満や過体重の方の白質量と、50歳の標準体重の方とでは同程度であることが分かり、肥満や過体重によって老化が10年も進んでいると考えられるというのです。

この状態が続いてしまうと、過体重や肥満の方は、アルツハイマー病や認知症などの発症リスクが高まってしまいます。

肥満=生活習慣の乱れが大きくかかわっている場合が非常に多いですので、今一度気になる方は見直されてみてはいかがでしょうか?


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄