うつ対策にブロッコリー?

2018年09月04日

日本では、100人に3~7人がうつ病を発症しているといわれています。
ですが、ブロッコリーなどの野菜に含まれる「スルフォラファン」という化合物が、うつ病の予防に効果があるということが千葉大学の研究によって発表されました。

世界的に見てもうつ病は多く発症している方がおり、年間80万人も自殺しているのが現状です。
うつ病の薬物療法としては、抗うつ剤を使いますが、抗うつ剤が効かない患者さんも中にはいらっしゃいます。

うつの要因としては、ストレスなどが関わっていることは知られていますが、具体的なメカニズムについては未だ不明な点も多いのです。

研究ではマウスを使って実験を行い、大型マウスに小型マウスをいじめさせることで、うつ症状を示しました。

しかし、スルフォラファンの前駆体である「グルコラファニン」を含む餌を3週間与えると、社会的敗北ストレスにより引き起こされるうつ症状の発症を予防できる可能性が見受けられたのです。

この結果により、薬品などに頼らず栄養学的にうつ病を予防・改善できる可能性が高まってきました。
スルファラファンは、緑黄色野菜に多く含まれています。

皆さんも積極的に緑黄色野菜を摂取するように心がけましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄