ビタミンDが早産リスクを低減?

2018年07月30日

ビタミンAやB、Cなどは良く耳にするけどビタミンDはあまり馴染みがないという方は多いのではないでしょうか。
ビタミンDは、鮭やサンマ、きのこ類に多く含まれています。

そのビタミンDが妊婦さんに不足してしまうと、早産する可能性が高いことが明らかになったのです。
アメリカで、予定通りに出産した女性と早産したっ女性のデータを分析した結果、ビタミンDの摂取した値に関連があることが確認されたのです。

分析によると、ビタミンD不足の女性は、早産リスクがなんと1.5倍も高まるというのです。

しかし、このようなデータが出たのでビタミンDをたくさん摂らなければいけないという訳でもありません。
人間は、日光を15~30分浴びると体内でビタミンDを生成することができるので、毎日規則正しく日光に当たっている限り、極端に不足することはないかと思います。

ただ、日照りの少ない生活環境(季節や気候など)やライフスタイルなどによって、食事からビタミンD補給が必要な場合もあります。

そういった時には、上記にもあるように鮭やキノコ類を摂取するように心がけましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄