若い女性もロコモに注意を

2018年05月17日

ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは、関節や筋力が低下して日常的な座る・歩く・立つといった動作が困難になることです。
このロコモ、実は若い女性に増えてきているそうです。

ロコモといえば、50代以降のから始まる体の衰えによるものという認識をお持ちの方も多いかと思います。

しかし、現代の生活習慣のせいで関節や筋力が若い方でも低下していることがあるのです。
ロコモの症状としては、歩いたり階段の上り下りをするとすぐに疲れてしまったり、つまずいたり転びやすくなってしまいます。

現代人は、普段の生活でも車を使用したり、エレベーターやエスカレーターを使用したりして、体を動かす機会がどんどん減ってしまっています。
特に女性は男性に比べて筋力が少ないうえに、過度なダイエットを行う方も多いためロコモのリスクも高くなってしまいます。

ロコモは、確かに50代以降の方が診断されることが多いですが、50代から急に体が衰えてしまうわけではありません。
体の衰えは、30代から確実に始まってしまいますので、働き盛りの方でも運動は必須。

激しい運動ではなくとも、日々少しずつでも体を動かすことで、筋力の低下はある程度抑えることができます。
休日などに、少しでも時間があるようでしたら是非ウォーキングなどを行ってください。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄