脚のむくみ解消法

2018年03月19日

身体の中で、もっともむくみが起こりやすいのが脚だと言われています。
心臓から一番離れた位置にあり、血流が悪くなりやすいことと、重力の関係で水分が溜まりやすいことが原因です。

一般的に脚のむくみは、立ち仕事をされる方に多くみられますが、実はデスクワークの人にも良くみられます。
共に同じ姿勢を取り続けると、脚の全体の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が溜まっていきます。

また、疲れが溜まっていたり、睡眠不足になった時などにも、脚のむくみが起こりやすくなります。
こうした脚のむくみの多くは、一過性のもので、一晩寝ると治るという程度ならあまり心配はいりません。
しかし、病気ではないからとずっと放置していると、脚の疲れが取れず、免疫力の低下を引き起こすこともあるようです。

そうならないための、ケア方法を簡単にご紹介します。

脚のむくみを解消する代表的な方法は、マッサージです。
ですが、マッサージといっても、もむのではなく、なでるようにしてリンパ液の流れを改善します。
リンパ液には老廃物を運搬する働きがあるので、脚の疲れをとる効果もあります。

①両手をひざの両側に軽くあて、脚の付け根にあるリンパ節に向けてももを下から上へ優しくなでていきます。
(最初は表側→裏側の順で)

②足首付近に両手をあて、ひざに向かってなでます。

③次に、同じようにしてふくらはぎからひざの裏に向かってなでます。

④最後に足首付近から足の付け根に向けて、そっとなでます。

いずれも、力を入れすぎずに10回ずつ行ってください。
床に座って足を軽く伸ばし、ひざを少し立てる姿勢をとると、マッサージしやすくなります。

むくみの予防として、積極的に階段を使用したり適度な運動を心がけましょう。
ずっと同じ姿勢を取らなければいけない時などは、脚先を動かすだけでも全然違いますので是非お試しください。


『化粧品・サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄