サプリメントの薬との飲み合わせについて

2017年10月19日

サプリメント市場は年々増加傾向にあり、また今後高齢者が増えるにつれ、さらなる増加が予想されます。
それと同時に、お薬の需要も大きく増加してきています。

サプリメントは美容や健康のため、薬は風邪をひいたときなど、若い方からご年配の方までなじみのあるサプリメントと薬。

しかし、弊社でもよくお問い合わせがあるのが『~のお薬を飲んでいるのだけれど、このサプリメントを飲んでも大丈夫?』というご質問です。
確かに、サプリメントと薬の飲み合わせで体に悪影響を及ぼすものもあります。

そこで本日は、やっていけない薬とサプリメントの飲み合わせについて、少しだけ例を挙げたいと思います。

ビタミンAのサプリメントと血液凝固防止薬を併用すると、血液凝固作用が増大されすぎたり、ビタミンA過剰症になってしまう可能性があります。

ビタミンCのサプリメントと利尿作用のある薬を併用すると、尿路結石が起きやすくなることがあります。

カルシウムやマグネシウムのサプリメントと骨粗しょう症治療薬を併用すると、薬の吸収を阻害してしまいます。

葉酸のサプリメントと抗てんかん薬を併用すると、薬の効力が弱くなってしまいます。

これらはほんの一部ですが、関連が分かっていないものも少なからずあります。
現在、サプリメントを愛用されている方は、その成分の持つ特性をしっかりと確認しておきましょう。
また、薬との併用を希望される場合は、かかりつけのお医者さんへご相談ください。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄