老化による脱毛の仕組み一部解明

2016年02月05日

年齢を重ねると、男女問わず毛髪のボリュームが落ちてきます。
その原因は未だ正確には解明されていませんが、その一部を突き止めることに成功したと、最近の研究結果で発表されました。

その内容は、『17型コラーゲン』が大きく関わっているというものでした。
マウスに対する実験で、遺伝子操作をして17型コラーゲンを消滅させた結果、半年で白髪が増え、その後全身の毛が抜けてしまったそうです。
逆に、同じマウスに17型コラーゲンを体内で生成できるように遺伝子操作すると、再び毛が生え始め、毛の色素も回復してきたとのことでした。

このことから、17型コラーゲンは白髪と抜け毛を抑制する可能性があるということが考えられます。

現在のところ、17型コラーゲンに注力して配合した化粧品やサプリメントは市販されていません。
ですがコラーゲンはアミノ酸から形成されていますので、アミノ酸を多く含む食品から17型コラーゲンを摂取できる可能性はあるかもしれないと推測しています。

今後、研究がさらに進歩し、実際に活用できる成分として誕生した場合は、また改めてご紹介させていただきます。
白髪や脱毛にお悩みの方には、大変うれしいニュースかと思いますので、さらなる展開に期待したいです。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄