医薬品から食品へ。『α-リポ酸』



α-リポ酸はチオクト酸とも呼ばれますが、体内でのエネルギー生産に関する補酵素です。細胞内のミトコンドリアの中に存在します


α-リポ酸は牛や豚の肝臓、心臓、腎臓、また、ジャガイモ、トマト、ブロッコリー、ほうれん草などに含まれますが、少量しかありません。


強力な抗酸化力があり、日本では医薬品として扱われていましたが、2004年に食品として認可され、アンチエイジングの健康食品などで知名度が上がりました。


α-リポ酸は、体内で使われて酸化したコエンザイムQ10や、ビタミンC、ビタミンE、グルタチオンなど他の抗酸化成分も再活性してくれます。

また、水溶性、脂溶性の両方の成分で、分子量が小さいため、脳も含めて体内のあらゆる箇所に届きます。

α-リポ酸に期待される効果

●ダイエット


ミトコンドリアでのエネルギー生産に関与するため、脂肪の燃焼を促進する効果があると言われています。
また、α-リポ酸は糖分が脂肪になって蓄積されるのを防ぐ働きがあるとも言われています。


●美肌


強力な抗酸化力で紫外線により発生する活性酸素から肌を守ります。

また、メラニンの生成も抑制するという研究報告もあります。


●有害金属の排出


もともと、α-リポ酸は、中毒や肝障害の治療に使われる医薬品の成分で、カドミウム、水銀などを体外に排出する『キレート作用』があります。

魚などに含まれている有害金属を排泄したい場合に摂ると効果があると言われており、デトックスにもおすすめです。

一日推奨摂取量

特に設定はされていませんが、100mg位を目途にすると良いでしょう。


α-リポ酸は空腹時に摂取するほうが効果があるといわれています。

運動を行う前に摂取することで、効率よく脂肪を燃焼することができるでしょう。

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄